《栃木県の益子陶器市で木製コーヒーミルを購入》ブッシュクラフトやキャンプなどのアウトドアに最適


先日、足を運んできた栃木県の益子陶器市で、ちょっと変わった木製のコーヒーミルを発見。

本来は、胡麻をする道具らしいのですが、

お店のおじいちゃんが、「コーヒーミルとしても使えるよ」と言うので、

豆を挽かせてもらうと、中々良い感じに挽けました。

軽くて持ち運びにも便利そうだったので、ブッシュクラフト用として購入。

帰宅後、早速美味しい珈琲を淹れてみたので紹介します。

スポンサーリンク

木製コーヒーミル


値段は2500円と少々お高めですが、

ブッシュクラフトで挽きたての美味しい珈琲が飲みたくて、

ずっとアウトドア用のコーヒーミルを探していたんです。

とりあえず予行演習がてら珈琲を淹れてみます。

まずコーヒー豆を用意。
一回に挽く量は10g程度が適量のようです。

では、挽いてみよう。
フタと某をセット。

お店のおじいちゃんに、「フタは必ず出っ張っている方が上だよ」と念を押されました。

左手で本体とフタを支えて、右手は力一杯豆を押しつぶすイメージ。

いやぁ、これ結構疲れますわ。

8割ほど豆が挽けたらフタは取ってしまった方がよいかもしれません。

フタしたままだと、どこを潰してよいかわからないんですよね。

なので仕上げはフタを取り、豆を1つ1つ潰していきます。

かなり粗挽きに仕上がりました。

ここまでで約7分経過。

とりあえず、疲れたので豆を挽くのはこれで終了。

後はドリッパーをセットしてお湯を注ぐだけです。

完成。
少し薄めの味ですが、美味しいです。

このミルでは、どうしても粗挽きになってしまうので、

アイスコーヒー用やカフェオレ用などの濃いめの豆の方が相性が良いかもしれません。

使っていて木になる事

木の匂いが若干強い

少し木の匂いが強めです。特に濡らした時にメンマのような匂いがして臭い。笑

■対処方法

水、一リットルにお酢小さじ一杯に漬けなさい。針葉樹の器なら匂いはそれで消えるはず(・ω・)/
引用元:ヤフー知恵袋

この木が針葉樹かわかりませんが、とりあえず桶に水をはり、ミツカンを入れて長時間放置してみました。

しかし、あまり変わりませんでした。笑
まぁ、使えって行けばそのうち慣れるでしょう。

■お手入れ方法
長く使うコツは、時々オリーブオイルなどをぬって油分補給をした方が良いそうです。

そして、水で洗った際にはスグ水気を拭き取り、風通しの良い所に置いて完全乾燥をさせて使うのが長く使い続けるコツだそうですよ。

参考サイト:キナリノ

購入した感想

あくまでもブッシュクラフトやキャンプなどのアウトドアシーンでしか使わないと思いますが、購入して良かったかなと個人的には思います。

■メリット
持ち運びが楽で、掃除も簡単。

■デメリット
時間がかかる。腕が疲れる。

でもアウトドアでは、その面倒くささが楽しいし、時間をかけて作った珈琲が格別に美味しいんですよね。

あぁ、早く山でブッシュクラフトがやりたい

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください