古着好きが20年通う東京都内のヴィンテージショップを紹介

こんにちは。ガオです。

僕は18歳の頃から東京へ上京しました。

洋服が好きだった僕にとって東京は、まさに天国です。

バイトをしては洋服を買いあさる日々。

最初の頃は新品のブランド服を着ていた僕でしたが、気付けば古着好きに。

僕が18歳の頃は、今みたいにスマホなんて便利な物は存在しておらず、パソコンでさえ一部の人しか持っていない。そんな時代です。

なので、本屋へ行ってはファッション雑誌を買いあさり、「スナップされているオシャレな人が行っている古着屋はどこなのか?」調べては、

とにかく気になった古着屋に足を運ぶ。

それが僕の学生時代の休日の過ごし方であり、楽しみ方でした。

そんな学生時代に自分の足で見つけた古着屋は何か特別なモノを感じます。

今回の記事は、僕が学生時代から今現在でも通い続けている大好きな古着屋を紹介します。

「もう知ってるよ」という方もいるかと思いますが、そんな事を言わず、是非見ていって下さいな。笑

この記事は随時更新していきます。新たに発見した古着屋も紹介していく予定なので、是非覗いて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

rumhole beruf(ラムホール)

恵比寿駅からも代官山駅からでも行ける住宅街の中に隠れるショップ。

僕が学生時代の頃は、恵比寿側の中二階にお店があったんですが、今は移転して代官山と恵比寿の間ぐらいにあります。

派手目のヴィンテージから、ちょっと変わったヴィンテージがたくさんあります。

店に入った瞬間、海外にいるかのようなオシャレなショップです。

おそらくヨーロッパ古着が中心で、ゆったりと着れるサイズ感の古着が多いです。

一癖も二癖もある古着だが、なんだかそれが今っぽく着れそう。

他では手に入らないヴィンテージシャツやガウン。行くたびに珍しいヴィンテージと出会うので、毎回とても楽しめるショップです。

人とは違う変わり種のヴィンテージが欲しいならラムホールがオススメ。

一度行ったら、何度も足を運びたくなるヴィンテージショップです。

姉妹店が原宿にもありますので、気になる方は原宿にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目32−3

日曜日 12時00分~20時00分

月曜日 12時00分~20時00分

火曜日 12時00分~20時00分

水曜日 12時00分~20時00分

木曜日 12時00分~20時00分

金曜日 12時00分~20時00分

土曜日 12時00分~20時00分

電話: 03-5489-6567

引用元:GoogleMAP

参考 RUMHOLEberuf official siteRUMHOLEberuf official site

jantiques(ジャンティーク)

いつ行っても興奮が止まらなくなるヴィンテージショップです。

アンティーク雑貨やインテリアも大量に販売されてます。ついつい欲しくなって買ってしまいます。

僕の部屋に飾ってあるヴィンテージの額もジャンティークで購入したものです。

大好き方には、もう堪らないアンティーク雑貨の数に興奮する事間違いなし。

もちろん古着の数も大量です。どの古着も良いモノなんですが、ジャンティークに置いてあるっていうだけで更に良く見えてしまう。

そして、とにかく何かを買いたくなってしまう。

まさにジャンティークマジックにかかってしまうんです。笑

店内はレディース物も多めな印象ですね。

メンズはアメリカ軍、ヨーロッパ系の軍服がチラホラ。メキシカンパーカーも良い柄が揃ってました。

奥へ行くとヴィンテージがズラリ。大量のネルシャツに何十万もするヴィンテージデニムが山積みにされてます。

それから状態の良いフレンチワークジャケットの数がたくさん山積みにされています。

1着1万円前後と、手に入れやすい値段も魅力的。ワークジャケット好きな方は興奮する事間違いないでしょう。

それから2019年3月に2店舗目を群馬県高崎市にオープン。お店の名前は内田商店。

先日、足を運んできましたよ。お店は倉庫のような広いフロア。棚の中に古着がギッシリ詰め込んであります。

もうお店に入った瞬間テンション上がりっぱなしで大興奮。

お店の入り口のフロアにはレディースも充実しています。メンズもデニム、軍服、ネルシャツ、メキシカンパーカー、ワークブーツと、とにかく服がありすぎて長居したくなります。

まさか、あのジャンティークが高崎に。

中目黒ジャンティーク、高崎の内田商店どちらも足を運んでもらいたいです。ヴィンテージ古着の数に圧倒されますよ。

ジャンティーク中目黒店舗情報

〒153-0051 東京都目黒区上目黒2丁目25−13 エルレーブ中目黒

日曜日 12時00分~21時00分

月曜日 12時00分~21時00分

火曜日 12時00分~21時00分

水曜日 12時00分~21時00分

木曜日 12時00分~21時00分

金曜日 12時00分~21時00分

土曜日 12時00分~21時00分

電話: 03-5704-8188

引用元:GoogleMAP

内田商店

〒370-0042 群馬県高崎市貝沢町1315−3

日曜日 12時00分~20時00分

月曜日 12時00分~20時00分

火曜日 12時00分~20時00分

水曜日 12時00分~20時00分

木曜日 12時00分~20時00分

金曜日 12時00分~20時00分

土曜日 12時00分~20時00分

引用元:GoogleMAP

illuminate(イルミネート)

渋谷の隠れヴィンテージショップ。

裏路地へ入り、長い階段を上がった先にあります。

英国製の古着がメインに年代物のバーバリー、バブアーやイギリス軍の古着、デットストック物などを大量に扱っています。

新品の服も置いてあり古着と新品の服がMIXされたショップです。

フロアは広くありませんが、限られたスペースに服が敷き詰められていて、とても物量が多いショップです。

ラックも2段になっていて隙間なく服だらけ。置けるとこには、とにかく服が置こう。そんな想いが伝わってきます。

店内に足を踏み入れた瞬間、古着の匂いと物量の多さにワクワクする。宝探し気分が味わえる事でしょう。

英国製ヴィンテージ、年代物のバーバリー、バブアー。そしてイギリス軍の服をお探しの方、イルミネートがオススメですよ。

本当にヴィンテージの多さにビックリすること間違いなし。

そして、店員さんがメチャクチャ良い方です!毎回気持ちの良い買い物をさせて頂いております。

ぜひ、足を運んでみて下さい。

店舗情報

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目7−8

日曜日 12時00分~20時00分

月曜日 12時00分~20時00分

火曜日 12時00分~20時00分

水曜日 12時00分~20時00分

木曜日 12時00分~20時00分

金曜日 12時00分~20時00分

土曜日 12時00分~20時00分

電話: 03-5458-9211

引用元:GoogleMAP

参考 illminateillminate

berberjin(ベルベルジン)

学生の頃から10年以上通っている原宿にある古着屋ベルベルジン。

原宿で古着と言ったら、まずココでしょう。いや、古着屋と言ったらベルベルジンと古着好きな方が口を揃えて答える超有名ヴィンテージショップ。

ファッション雑誌などでも、何度も紹介される超超有名店。

主にアメリカ系古着を取り扱っています。ヴィンテージのチャンピオンのTシャツやスウェットが揃っています。

軍物はアメリカ軍のモノが多いです。ネルシャツやスニーカー、ブーツなども、とにかくアメリカ古着が揃っています。

1Fに置いてある古着は、良心的な価格で買えますが、ここのお店は地下が存在し、その地下に置いてあるヴィンテージが半端じゃないです。

主にリーバイスのヴィンテージデニムが山のように販売されていますが、ほとんどが何十万単位。中には十万いかないデニムも存在しますが、デニムだけではなく、地下にある服は全てがヴィンテージです。

それと、リーバイス初期のモノや大戦モデルなど百万単位のデニムまで存在するので腰を抜かす方もいるかと、、、。w

僕もヴィンテージデニムを履いても良い年頃になってきたので、次に地下に降りる時はデニムを買う覚悟で。w

1Fから地下に降りた瞬間、空気がガラッと変わるので正直、地下へは買うつもりでないと降りづらいかもしれません。服のオーラが半端じゃないです。w

ベルベルジンは、あの草彅剛さんが通っている有名なヴィンテージショップでもあります。

アメリカ古着が欲しい方、またヴィンテージもLevisのジーンズとGジャンを手に入れたい方は、ベルベルジンがオススメです。

店舗情報

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目26−11 原宿SHビル

日曜日 11時00分~20時00分

月曜日 12時00分~20時00分

火曜日 12時00分~20時00分

水曜日 12時00分~20時00分

木曜日 12時00分~20時00分

金曜日 12時00分~20時00分

土曜日 11時00分~20時00分

電話: 03-3401-4666

引用元:GoogleMAP

参考 webstore.berberjinberberjin.com

LABORATORY/BERBERJIN

ベルベルジンと同じく、「とんちゃん通り」にあるベルベルジン系列のヴィンテージショップ。

ヴィンテージのロックTシャツを大量に取り扱っている名店です。ロックTの数は半端じゃありません。

その他にもロック系の古着(革ジャンなど)をメインに新品のブラックミーンズというロック系のブランドも取り扱っています。

ヴィンテージのデニムも多く、ダーメジジーンズが多い印象を受けます。

ロック、パンク、グランジスタイルが好きな方は絶対行くべきショップです。

僕も数年前に、このショップでNIRVANAのTシャツを手に入れました。

カッコイイ。

店舗情報

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目21−22 いとうビル2F

日曜日 14時00分~20時00分

月曜日 14時00分~20時00分

火曜日 14時00分~20時00分

水曜日 14時00分~20時00分

木曜日 14時00分~20時00分

金曜日 14時00分~20時00分

土曜日 14時00分~20時00分

電話: 03-5414-3190

引用元:GoogleMAP

参考 LABORATORY/BERBERJIN®LABORATORY/BERBERJIN®

santamocia(サンタモニカ)

足を運びば高確率で掘り出し物が手に入る歴史の長い東京の超名店サンタモニカ。

なんとオープンは1979年表参道店だそうです。アメリカ系のヴィンテージとレギュラー古着がMIXされたショップですね。

僕が好きなのは軍物です。物によりますが全体的に他店より低価格で手に入る印象がします。

10年前に渋谷店で手に入れたアメリカ軍のM65のモッズコートをライナーフードのフルセットで状態が良いモノが2万円で購入できています。

ヘインズのVネックTシャツやOLDディッキーズのパンツが多いのも魅力的。

その他、海外の古い鍵やキーホルダーなどの雑貨も充実しています。古道具好きには堪らないでしょう。

最初に言ったように、足を運べば何か必ず気になるものが見つかる。そんなお店です。

店舗は表参道店、原宿店、渋谷店があります。おすすめは表参道店と渋谷店です。どちらのお店も店員さんが良い人です。

僕個人的には渋谷店が好き。

渋谷店

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目11−5

日曜日 11時00分~20時00分

月曜日 12時00分~21時00分

火曜日 12時00分~21時00分

水曜日 12時00分~21時00分

木曜日 12時00分~21時00分

金曜日 12時00分~21時00分

土曜日 11時00分~20時00分

電話: 03-3462-1984

引用元:GoogleMAP

表参道店

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5−8−5

日曜日 11時00分~20時00分

月曜日 11時00分~20時00分

火曜日 11時00分~20時00分

水曜日 11時00分~20時00分

木曜日 11時00分~20時00分

金曜日 11時00分~20時00分

土曜日 11時00分~20時00分

電話: 03-3498-3260

引用元:GoogleMAP

さいごに

紹介させて頂いた古着屋は、主にヴィンテージを扱っている為、価格帯は高めなので大人向けのショップです。

まだまだ、これからも当記事は更新して行きたいと思っています。

また覗きに来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です