韓国のthisisneverthatでカッコいいアウターを買ってきたのでレビュー

韓国へ行ってまいりました。

今年に入って、なんだかかんだ毎月行っています。w

今回の旅の目的は、韓国ストリートファッションブランド

「thisisneverthat」の冬のアウターを購入する事。

妻とメチャカッコいいアウターを2着購入してきたので、

早速、レビューしてみます。

スポンサーリンク

thisisneverthat

このブランドを知らない方には、ぜひ前回の記事を読んで頂きたいです。

韓国ストリートファッションブランド「LMC」と「thisisneverthat」をレビュー

韓国の若者を中心に絶大なる人気を誇るのが、

このthisisneverthat。

この日は、成田空港を11時ごろ出発して、仁川空港に約14時に到着。

そこから、南大門へ行き宿泊するホテルにチェックインを済ませ、いざ弘大(ホンデ)へ。

たしかショップに到着したのが16時過ぎ。

なんと、ショップの前には長蛇の列が、、、。

お店の定員さんによると、今日はお客さんが多くて一度に入れる人数に制限をかけているんだとか。

服屋で入店待ちで並ぶなんて、原宿のsupreme以来。

このブランドの人気度を再確認しました。

しかも、出てくる人が必ずショップ袋をブラさげて出てきます。

ガオ

おいおい、俺らの買う物無くなっちゃうんじゃないか?
いやいや、大丈夫でしょ、、、。多分。

ガオ妻

約30分ほど待ち、僕らの入れる番が回ってきました。

いざ、店内を物色。

やっぱ、インスタで見て欲しかったパーカーやアウターは無くなっていました。

まぁ、月一でしか来れないのでしょうがない。

何だかんだ悩みながら買ったのが、このアウター。

リバーシブルで180000W(日本円約18000円)

まず、表はフリースのような生地。

左胸下にロゴマーク

バックプリントはデカデカブランドロゴマーク

僕は、こっちメインで着る事が多そう

裏は少しミリタリーな雰囲気です。

ポケット部分にthisisneverthatプリント。これがカッコイイ。

もちろん後ろにも、ちゃんとブランドロゴがプリントされています。

アウターで一万円台は安いでしょう。しかもダウンのように暖かい。

日本で人とかぶる事も、あまりなさそうなので、この冬着まわします。

そして、妻が買ったのがこのパタゴニア風フリースジャケット

これもメッチャかわいい。買って大正解。

こちらはカーキのSサイズを購入。

というか、カーキのSサイズしか在庫がありませんでした。

値段は149000w(約14900円)

パタゴニアのフリースと同じくらい着心地も良くて暖かい。

ガオ妻

やっぱthisisneverthatのブランドネームかわいい。

ガオ妻

ガオ

Mがあれば、俺も着れたのに、、、。
残念でした。ここのブランドすぐ品切れになるよね。

ガオ妻

それと、ここで商品を購入するとオマケにステッカーを貰う事が出来ます。

thisisneverthatってステッカーもメチャメチャ人気で、ショップ近くの電信柱に貼ってあるステッカーを剥がして盗もうとする奴がいるほどなんです。

ガオ

実際、剥がそうとしてる奴いたよね。
うん。ちゃんとショップで何か買えば貰えるのに。

ガオ妻

thisisneverthat行き方

まず、カロスキルにあるAround the corner(アラウンドザコーナー)というセレクトショップに一部セレクトされています。

が、セレクトショップなので、品数が少ないです。

参考:Google map

なので、やはり専門店が絶対オススメ。

韓国ストリートファッションブランド「LMC」と「thisisneverthat」をレビュー

前回記事にも書きましたが、

最寄駅は弘大(ホンデ)。出口は6番か7番どちらでもいいです。

公園に出た場合、階段があるので隣のアスファルトの坂道に移動します。

坂道をまっすぐ歩くと、

右手に光という居酒屋が見えます。そこを右に曲がり、更に真っ直ぐ坂を登ります。

そして、つきあたりを左に行くと目の前がthisisneverthatです。

オープンは13:00から21:00です。

早めに行くのがオススメかも??

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください