20年着用して育てたジーンズ「Levis501」最高にカッコイイ色落ちを見よ。

僕にとってのジーンズの魅力は色落ちです。

同じジーンズでも、穿く人が違えば全く違うジーンズに変わる。

自分が育てた世界に一本しかないジーンズに変化するんです。そこにロマンを感じる。

だからジーンズが大好きなんです。

そして僕には、20年付き合ってきた相棒がいる。

そいつと出会ったのは中学1年の頃。

色落ちしていない綺麗なワンウォッシュのLevis501 でした。

スポンサーリンク

ジーンズに興味を持ったキッカケ

僕は小学生の頃から音楽と映画が大好きで、物心ついた中学時代には生意気にも洋画と洋楽に興味を持ち始めていました。

そんな中学生時代に出会った2人の海外アーティストの影響で僕はジーンズに興味を持つようになります。

まず影響を受けた一人目のアーティストは俳優リバー・フェニックス。

若くして亡くなった彼ですが有名な出演作はやはりSTAND BY ME。

何度観ても飽きない感動の名作だと思います。

その映画の中の彼のファッション、無地の白いTシャツと色落ちをしたジーンズにハイカットのコンバース姿に一目で魅了されました。

そのスタイルは今見てもかっこいいと思えるし今現在でもトレンドになっているファッションスタイルです。

何十年も前のスタイルが今トレンドになっているなんて本当にすごいことですよね。

そしてもう一人影響を受けたアーティストは90年代前半グランジロックとして大流行、

アメリカシアトルで誕生したバンド「NIRVANA(ニルヴァーナ)」のヴォーカル、カート・コバーンです。

彼のグランジファッションが本当にかっこよくて、いつも真似をしていたこと今でも覚えています。※まさにコスプレ状態でした。(笑)

特に私が影響を受けたスタイルがチェックのネルシャツにボロボロのジーンズ、コンバースジャックパーセルのスニーカースタイルです。

カートコバーンのファッションスタイルは今現在でも受けいれられていますし、彼のスタイルをテーマにするファッションブランドもたくさん存在します。

とにかく僕も彼らのようにかっこよくなりたい!!

そんな憧れがキッカケで人生初、自分でジーンズを購入します。

Levis501との出会い

13歳の冬。必死で貯めた札を握りしめ地元の古着屋へ。

もちろんお目当ては彼らのようなかっこいい色落ちジーンズ。

  • 定員さん:「何かお探しですか?」

僕は顔を真っ赤にしながら、

  • 僕:「リヴァーフェニックスやカートコバーンのような色落ちしたカッコいいジーンズが欲しいんですけど…。」
  • 店員さん:「あるけど、人真似なんかよりジーンズは自分で色落ちさせて育てる方が楽しいよ。」
  • 僕:???

店員さんから紹介されたジーンズは全く色落ちをしていないlevis501のワンウォッシュ。

  • 店員さん:「これを育てなよ。」

まぁ、いいかと流されるまま少しガッカリしながら購入した事を覚えています。

でも、それでも自分で金を貯めて買ったジーンズが嬉しくて嬉しくて学校から帰ると毎日のように穿いていました。

特に何も考えずに毎日穿いて、洗濯は1年に1回。たしか、カッコいい色落ちが出てきたのは3年目ぐらいだったかな。

高校に入ってからも学校以外の日はジーンズ。

穿いては洗っての繰り返し。

何年目かで膝が破れてリペアもしました。

そして、また穿いて洗っての繰り返し。

約20年後、育てあげた501がコチラです。

特に何も気にせずに穿いていても、こんなカッコいいジーンズに仕上がるんです。

ヒゲはこんな感じ。ホントは、もう少し出て欲しかったけど、これはこれで良し。

ハチノスももっと欲しかった。まあ、1サイズアップで穿いてたので、こんなもんです。仕方ない。

両膝は、着用中破れたので業者さんへリペアしてもらいました。このリペアした雰囲気とても気に入っています。

いつだったか、神奈川県の山田屋さんに依頼しました。ありがとうございました。

後ろの右ポッケも破れてしまったんですが、何となくカッコいいかなと思ってそのままで。

ついつい破れているのを忘れて物を入れてしまいます。それで昔スマホを入れて画面を割った経験があります。w

ガオ妻

アホやな

革パッチじゃないので、パッチ取れちゃいました。パッチ部分の色落ちが残ってるのも好きなんですよね。

コイツ。全体的な縦落ちが素晴らしいと思いませんか?メチャカッコいいよアンタ。w

20年かけて育てたので、愛情が半端ないです。10万出されても売らないですね。w

ガオ妻

10万???いや、いらないでしょ。
俺にとっては10万以上の価値があんだよ。俺の生きた証だ。

ガオ

着用するとこんな感じです。レッドウィングとの相性も抜群。カッコイイでしょ?

ホント僕にとってのヴィンテージです。

上の写真はFDMTLのワンウォッシュなんですけど20年着用した501は、この状態から育てました。

僕は高いヴィンテージデニムとか年代知識は持ってないけど、ジーンズを愛する気持ちだけは、「草なぎ剛君」にも負けない自信あります。w ホントに。

Levis501は、コイツで十分。これからも他のLevisは穿きません。一生コイツとだけ付き合って行きます。

僕個人の考えなんですけどジーンズなんて1〜2本持ってりゃ十分なんですよ。何本も持つ必要なんてない。

そいつを一生懸命愛します。

愛した分だけ、カッコ良くなって恩返ししてくれますから。

さいご

最近思うんですけど、服も靴も何着も沢山いらないなって。

好きだけど、革ジャンもジーンズもブーツも沢山いらない。

沢山持っていても僕はですけど、着れないです。なんとなく毎日同じような格好になってしまう。

本当に良い服、長く愛せる服に愛情注いで着る事。そこに洋服の魅力を感じています。

ジーンズは特に、そう思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です