着てる服に飽きたら色替えしてみよう。フランス軍M64モッズコートを黒く後染めしてみた。

僕は「洋服を長く着る」というのをモットーにしているんですが、さすがにずっと長く着ていると飽きてくる服もあります。

飽きたら売りに出すという手もありますが、気に入って着ていた服を手離すというのも何だか寂しい気がしてしまいます、、、。

だったら何か手を加えて新たな姿に生まれ変わらせてみよう。

と、思いついたので約5年間愛用し続けたフランス軍のM64モッズコートを思い切って黒く後染めしてみました。

もちろん専門業者へ依頼して染めて頂いたんですが、最高にカッコよく生まれ変わったので紹介します。

フランス軍M64パーカー

モッズコートと言えばアメリカ軍のM51やM56が有名ですが、フランス軍のM64パーカーもとてもオススメ。

厚めの100%コットンで、しっかりした生地です。アメリカ軍の物より若干重く感じますが、またそこが良い。

お値段も何とライナー付きで1万円台で買えてしまうショップが多いですよ。

僕が当時購入した時も9800円とお手頃な値段。

最近、あまり現物を見かけなくなってきている印象があるので欲しい方は見つけ次第即買いをオススメします。

デザインはパーカーがくっ付いていて(取り外し不可)アメリカ軍のM51の型に似ています。

とてもシンプルなので色んなコーデにハマります。

そしてこいつのライナーがフカフカで、冬場はものスゴく暖かいです。他のモッズコートと同じく春秋はライナーを外してラフに。

冬はライナーをつければ防寒対策バッチリで真冬を過ごせます。

ライナーをつけて着てしまえば冬は下にスウェットだけでも寒くありません。ホントコスパ最高な1着ですよ。

ボリュームもあって、おそらく大きめに作られている服ですが、買った当時はビックシルエットの流行も来ていた為、大きめの120Lというサイズを購入しました。

168cm54kgの僕が羽織るとこんな感じになります。まぁ、今っぽいサイズ感と言いますかシンプルでとても合わせやすいですね。

このM64パーカーを買う前から僕はアメリカ軍のM65パーカーを愛用していた理由と、冒頭でも書いていた通りこのフランス軍の物が飽きてしまった為、手離そうと思ったのですが色替えを思いついたので、いざ専門業者へ黒染めを依頼してみました。

M65パーカー後染めした結果

今回依頼した業者は群馬県桐生市にある【染め替えサービス Re:color】という専門業者です。

参考 リカラーとは | Re:colorRe:color

メールでのやり取りをし、商品を送ってから約1週間ほどで仕上げてくれました。かかった費用は送料消費税含め11770円でした。

人によって高いと思われますが、このフランス軍のコートの重量では仕方がないかと思います。おそらくシャツやTシャツ、ライトアウターであればもっと低価格なハズです。

でも希望通り真っ黒に染めて頂きました。大満足です。雰囲気があって僕はこれの方が好みです。

モードっぽくにも着こなせそうな雰囲気をしています。

染め替え前

染め替え後

さすがボタンは真っ黒染まらず濃いブラウンになってしまいました。でもまぁ、良いです。

染め替え前

染め替え後

完全タグも染まって、表記もわからなくなってしまいました。w

ちなみにこのm64は1968年のモノです。

いざ着てみるとこんな感じです。

どうでしょう。カッコよくないですか?

それにあまり人と被らな1着を手に入れて僕は大満足しています。

せっかくかっこ良く生まれ変わったので、またコイツとは長い付き合いをして行こうと思ってます。

今回の出来事でモノによると思いますが、軍モノの服って黒く後染めすると更にカッコ良くなる事に気づきました。

また飽きた軍モノがあればチャレンジしてみます。

最後に

皆様も長く着て飽きた服。「この服違う色にしたらもっとカッコよくなりそう」と思う服があれば思い切って色替えしてみては如何でしょうか?

そんな時は群馬県桐生市にある【染め替えサービス Re:color】
を利用してみて下さい。最速な対応と満足な1着に生まれ変わらせてくれる事でしょう。

皆様のファッションライフが楽しくなりますように。

参考 リカラーとは | Re:colorRe:color

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です