《簡単パスタ料理》料理素人の男でも作れるペペロンチーノの作り方

 

簡単パスタ料理にハマってます。今日は人生初のペペロンチーノに挑戦。料理素人の僕でもすごく簡単にできるので作り方を紹介してみます。
ヘタクソなりに頑張って作りました( ^ω^ )
料理過程で間違っている箇所があるかもしれませんが、ご勘弁を。

スポンサーリンク

食材と調味料

パスタの食材

パスタ調味料
今回料理した食材を紹介。
パスタ麺
にんにく
ベーコン
しめじ

オリーブオイル

作り方

パスタを塩茹
まずは、パスタを塩茹してからスタート。沸騰したお湯に計量スプーンで約10gを投入にしてパスタを茹でます。

切ったニンンク
その間にニンニクを切ってオリーブオイルと一緒にフライパンで炒めます。僕はニンニクも食べたかったので少し大き目に切りました。

オリーブオイルとニンンク

ベーコンを炒める

具材が何も入っていないのも寂しいので、冷蔵庫に入っていたベーコンとキノコをチョイス。ニンニクと一緒に炒めます。ニンニクが焦げないように弱火で炒めました。

シメジを炒める

あっ、いけね。鷹の爪忘れました。まっいいか。

フライパンにパスタを移す

ニンニクが茶色目になり具材も炒め終わったら茹で上がったパスタをそのままフライパンに移します。

フライパンでパスタを炒める

中火でニンニク、キノコ、ベーコン、オリーブオイルとパスタを絡ませます。

※本来パスタの茹で汁を入れてオリーブオイルと乳化させるそうです。そんなの後から知りましたよ。そもそも乳化ってなんや?

「乳化」とは簡単に言うと、水と油が混ざりあった状態のこと。もともと混ざりあわない水と油をドレッシングのように振って合せたり、タンパク質やデンプンなどに代表される界面活性剤の効果で安定して混ざりあうようにしたものを乳化と呼びます。パスタの茹で汁にはパスタから流れ出た小麦粉のデンプンやタンパク質が含まれており、それが界面活性剤となってオリーブオイルとざり合うことで、より塩味が美味しく感じられます。
引用元:失敗しない!美味しいペペロンチーノの作り方

ヘェ~。次からはやってみます。

パスタに塩胡椒

その後パスタを味見。味が薄かったので少し塩胡椒を加えました。

自己流ペペロンチーノ

ペペロンチーノを作った

あと皿に盛り付けて完成。もちろん妻の分も。うん!ちょー美味い!俺って料理の才能あるかも。笑
って調子にのってみた。

てか嫁がいるのに何故料理ハマってんだ俺は。まぁいいか。男も料理ぐらいできなきゃな。

みなさんも一緒に料理ができるモテ男を目指しましょう( ^ω^ )