旅行・食レポ・商品レビューなどの体験談を中心に配信中!

人生 海外旅行

《人生を豊かにしてくれる海外旅行の魅力》考え方や価値観、旅が僕の人生を変えてくれた

投稿日:2017年1月1日 更新日:

10年パスポート

明けましておめでとうございます。

新年早々、今年はどこの国へ旅行に行こうかな。何て夫婦で話していました。

2016年は贅沢にもメキシコ、中国、タイ、台湾、香港と貧乏旅行ではありますが1年で5ヶ国も行く事が出来ました。

ちなみ妻はイギリスとスペイン、イタリアにも行っていたので8ヶ国です( *`ω´)

「何で、そんな海外旅行好きなの?」とか「旅行行きすぎじゃね?」って人からよく言われますが、

旅には、お金には変えられない価値と魅力があると僕達は思っています。

スポンサーリンク

海外旅行の魅力とは

タイの仏像

僕達が思う旅の魅力をいくつか語ってみます。

そこにしかない景色と風景

カンクンのかわいい家

そこでしか見れない、その国のカラフルでオシャレな家や、

タイの風景

不思議な建物、

メキシコテオティワカン

そして壮大な風景を実際に肌で感じる事ができます。
gaolog mexico cancun
そして、その国のルールや風習を体験する事もとても楽しい。

出会い

メキシコで出会った人達
その場所に行かなければ絶対に出会う事がない人に出会える。もう一生会わないかもしれないけど、何故かそこに魅力を感じたりします。

アメリカやヨーロッパの方々はとても愉快で社交的です。

現地の人とのコミュニケーションに慣れる事で日本にいて外国人に話しかけられてもテンパらずに済みます。

ワクワクする

トゥルム遺跡の洞窟

その先に何があるのか、右も左もわからない知らない土地で、目的地にどうやって行けばいいのか、わからない。

そんな状況に何だかワクワクするし、自分で行き方を調べたり、下手な言葉で現地の人に聞いたりと自力で何とかしようとする。

その行動が自信にもなり、もっともっと話せるように努力しようと思える。そんな自分の成長に繋がるキッカケをくれます。

前向きになる。悩みがどうでも良くなる

カリブ海と僕

  • 青い海
  • 壮大な建物や風景
  • その国の美味しい料理やお酒
  • そこで幸せそうしてる人達
  • 楽しそうに笑ってる子供達

そういった人達と接したり、その場所の風景を眺めていると、
「こんな小さない事で悩んでいたのか」
「もっと頑張ろう」
「もっと人生を楽しもう」
と前向きになる事ができ、自分の今までの考え方や価値観を変える事ができます。

情報発信ができる

スマホとパソコン

これから、その国へ行きたい人、行ってみたいと思ってる人へ自分が経験した事を伝えることができる。

例えば、

  • 現地で困ったこと
  • オススメ観光地
  • そこへの行き方
  • 美味しいレストラン

他にも「こうした方がいいよ」とか「これを持って行けくと便利」など自分の体験を人の為に情報発信をする事ができます。

旅の経験が人生を変える

グアムの海で逆立ち

とにかく旅の魅力は実際に、その場所へ行きその場所でしか出来ない事を経験する事だと思います。

その経験が良い意味で人生を変えてしまう事もあります。

僕達の知り合いでも、
「その国が好きすぎて移住してしまう人」

「英会話が上手になり先生になった人」

「旅をキッカケにカメラマンになった人」

「輸入物販で会社を設立した人」

など、その他にも旅をした経験で人生を変えてしまった人や新しく何かを始めた人をたくさん知っています。

僕達も英語を勉強したりブログで情報発信を始めたりと、旅の経験が新しい事を始めるキッカケをくれました。

スポンサーリンク

もう一度行きたいと思えた場所

自由の女神
僕達が、もう一度行きたい場所はたくさんあるんですが、No. 1はアメリカ、ニューヨークです。

ニューヨークの街並み

ビジネスでもファッションでも世界一。

ニューヨークのオシャレな人

そこにいる人もオシャレでとても刺激的な場所です。

ニューヨークの風景

芸人のピースの綾部さんがビックになりたいと、今年ニューヨークへ挑戦しに行くと話題になっていました。

ニューヨークという場所は人の人生を変えてしまうほどの魅力があると僕達も感じています。

行ってみたい場所

飛行機からの風景

挙げたらきりがないですが、今頭に浮かんだ場所を書いてみました。

■カリフォルニア

スケボーにサーフィンに海好きの僕にとっては、とても魅力的。サンセットを眺めながらビーチでのんびりしたい。サンタモニカでショッピングもしたい。

成田空港からサンフランシスコ空港まで10時間以内で尽くそうです。

参考:visitcalifornia

■ストックホルム(スウェーデン)

ストックホルム(sv-Stockholm.ogg Stockholm[ヘルプ/ファイル] [stɔkːɔlm])は、スウェーデンの首都で、スウェーデン最大の都市である。北欧を代表する世界都市であり、2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第33位の都市と評価された[1]。ストックホルム県(Stockholms län)に属す。人口は約75万人。「水の都」、「北欧のヴェネツィア」ともいわれ、水の上に浮いているような都市景観をもつ。北欧で最大の人口を誇り、バルト海沿岸では、サンクトペテルブルクに次いで第2位。1912年に第5回夏季オリンピックが開催された。
引用元:Wikipedia

つい先日、写真で見ただけですが物凄い大都市。建物も全て城みたいでした。水の都、ロールプレイングゲームで出てきそう。行ってみたい。

成田空港からストックホルム空港は、どこかで乗り継ぎが必要みたいですね。13時間〜14時間程度かかるようです。
参考サイト:RETRIP

■キューバ

キューバと言えば革命家チェ・ゲバラが有名ですね。

妻が行きたい行きたいと言っていたので調べてみたら、とてもオシャレな国。

カリブ海が広がり、名物はクラシックカーがたくさん走っています。昔のアメリカを感じられそうです。調べれば調べるほど行きたくなってくる。

以前カンクンへ行った時にメキシコシティで乗り継ぎの際、キューバ行きの便がありました。

キューバもどこかで乗り継ぎが必要です。15時間程度かかる模様。
参考サイト:RETRIP

■フランクフルト、ミュンヘン(ドイツ)


ビール好きな僕にはとても魅力的。ドイツビールを飲みながらど、オシャレな街を歩きたい。

フランクフルト直行便が約12時間、乗り継ぎが約15時間
ミュンヘン直行便約12時間
参考サイト:RETRIP(フランクフルト)
参考サイト:RETRIP(ミュンヘン)

最後に

現在、海外では悲惨な悲しいテロ事件などが多く起きています。

中にも日本人の方が巻き込まれたりと絶対に許せません。

悲しいですが僕達も含め、そういった治安面は運だと思っています。

しかし、運でも自分の行ない次第で事件に巻き込まれないようにできると思います。

夜中に出歩いたり治安の悪い所や危険な場所に近づかないなど、自己管理を徹底する事で避ける事ができます。

そして始めての土地へ行く場合は自前に入念にその場所について調べましょう。僕達も出発前に徹底的に調べています。

スポンサーリンク

オススメ記事

-人生, 海外旅行

執筆者:

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

■プロフィール

サイト管理人の「ガオ」です。
30代、元美容師で現在は会社員。

【趣味】旅と海が好きです。
自分の体験した事や、好きな事を記事にしています。

プロフィール詳細

■Instagramやってます。

いいね!フォローお待ちしております。