旅行・食レポ・商品レビューなどの体験談を中心に配信中!

グルメ 珈琲

《カフェオレの作り方》自宅で飲める本格派コーヒー。

投稿日:2016年3月3日 更新日:

自作カフェオレ

自宅でもカフェのような美味しいコーヒーが飲みたい。そんな思いから自分で作ってみようとコーヒーをいれるために必要な道具を購入してみました。

まだまだ初心者ですが今回は僕の大好きなカフェオレの作り方を紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

必要な道具

コーヒーを淹れる道具

まずは美味しいコーヒーをいれるための道具達を紹介します。

コーヒー豆

僕はとにかく美味しいコーヒーが飲みたいと思っているので、コーヒー屋さんでは新鮮な豆を粉にせずに豆のまま購入しています。

それからカフェオレをいれるときは牛乳を多めに使っているので濃くて苦みの強い豆を使用しています。

どんな豆を購入したらいいかわからなければ、コーヒーショップの定員さんにカフェオレで飲みたいと伝えればそれに合う豆を出してくれるはずです。

コーヒーミル

コーヒーミル 

豆を挽いてくれる便利な道具。僕はカリタというブランドのミルを使っています。

コーヒー豆を挽く

ミルを回す

飲む分をそのつど挽いています。(一人分20グラム)

この作業がたまに面倒くさくなるけど、新鮮で美味しいコーヒーを飲みたいのでいつも頑張っています。笑

※この作業が面倒くさくてやりたくないっていう人は、お店で豆を購入する際に全部挽いてもらっちゃいましょう。

ペーパーフィルター

ペーパーフィルター

挽いた豆はこのフィルターに入れましょう。上の写真のようにギザギザしている側の端っこを折ります。

ドリッパー&サーバー

挽いた豆

ドリッパーを用意してフィルターをセットします。僕はハリオというブランドのドリッパーを使っていますが、あまり道具にこだわりがなければ100円ショップでも購入できます。

コーヒーポット

コーヒーポット

僕はハンドリップでいれています。ハンドドリップでいれる場合、画像のように注ぎ口が細いものが良いかと思います。

ヤカンでお湯を沸かしてコーヒーポットに移し替えて使っています。

スポンサーリンク

ハンドドリップ(お湯を注ぐ)

ハンドドリップ

お湯が沸いたら早速いれてみましょう。いきなりドバッといれずに、ちょっとづつちょっとづついれるのがコツ。

この作業も意外と根気がいります。この作業も面倒くさいと思う人はコーヒーメーカーを使用してくだい。( ´Д`)

僕はこの作業が結構好き。なんかプロになった気がするから。( ^ω^ )

ハンドドリップでお湯を注ぐ

真ん中あたりに注いで、お湯が沈んだらまたいれる。この繰り返しです。焦らずじっくりいれましょう。

新鮮なコーヒー豆は膨らむ

新鮮な豆ほどお湯を注ぐとブクブクと膨らみます。

鮮度の低い豆

逆に鮮度の低い豆は写真のように真ん中に穴があいてしまいます。

温めた牛乳にコーヒーを注ぐ

コーヒーとミルク

牛乳をレンジや牛乳用鍋などで温めたら、そこにコーヒーを注ぎます。

砂糖を入れる

砂糖はお好みでいれてください。

カフェオレの出来上がり

美味しいカフェオレの出来上がりです。( ´ ▽ ` )ノ

コーヒー豆の保管方法

コーヒー豆保管方法

コーヒー豆の保管方法は必ず密封容器などに保管しましょう。そうしないとコーヒー豆が他の臭いを吸収してしまいます。

それから保管場所ですが日光や湿気のある場所は避けてください。夏場は冷蔵庫や冷凍庫にいれています。その際には他の食材の臭いを吸収しないように注意してください。

豆知識

使い終わった豆

コーヒー(ポリフェノール)は他の臭いを吸収する力を持っています。ですから使い終わった粉は捨てずに乾かしてトイレなど臭いの気になる場所に置いておけば消臭効果も発揮してくれますよ。

それでは美味しいコーヒーライフを楽しみましょう( ^ω^ )

スポンサーリンク

オススメ記事

-グルメ, 珈琲

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

■プロフィール

サイト管理人の「ガオ」です。
30代、元美容師で現在は会社員。

【趣味】旅と海が好きです。
自分の体験した事や、好きな事を記事にしています。

プロフィール詳細

■Instagramやってます。

いいね!フォローお待ちしております。