旅行・食レポ・商品レビューなどの体験談を中心に配信中!

ジーンズ ファッション

《自分に合ったジーンズのシルエットとサイズ選び》僕なりのコーデも紹介

投稿日:2016年7月20日 更新日:

5本のブランドジーンズ

どーも!ジーンズ好き管理人です。
久々にジーンズの記事を書きたいなと思っていたら先日、友人から「ジーンズ欲しいんだけど、どんなの選んで買えばいいの?」と相談を受けたので僕なりの選び方を記事にまとめてみました。

気に入ったブランドの物を買えば良いのですが、僕は、まずは見た目(デザイン)重視。そしてサイズとシルエットを確認して購入しています。

値段は二の次かな。(嘘)
値段も納得したら買いますね。

それと、どんなコーデをするか?想像して買うのも大事( ^ω^ )

スポンサーリンク

サイズ選び

6本のジーンズ

ジーンズは基本自分の体型にあったサイズを選ぶのが一番理想的ですね。

まぁワザと太めに買う人もいるので自分がしたいコーデ次第ですかね。

僕も時々ワーク系やルード系の格好をしたい時にワザと太めのジーンズを買ったりします。

※デザイン、シルエット、自分がしたいコーデでサイズは選びましょう。購入する際は必ず試着をする事が大事。

シルエット選び

複数のジーンズ

ジーンズには、様々な型の物があります。自分のコーデに合うシルエット選びがベストではないでしょうか。今回は、

  • ストレート
  • テーパード
  • スキニー
  • ワイド

この4つのシルエットを紹介したいと思います。

ストレート

ストレートジーンズ

ストレートはジーンズの基本シルエット。原型はリーバイス501でしょう。
ストレートジーンズの良いところはあまり体型を気にせずに穿けるところです。

そして穿き方次第で様々なコーディネートができるところもストレートジーンズのいいところではないでしょうか。

代表的なコーデはアメカジスタイルなど少しゆったりしたカジュアルスタイルです。

元々武骨なイメージのストレートですが、サイズアップをしてルーズに穿くことで、さらに男らしいスタイルも表現できます。

ワークブーツ

そして足元は男らしさを出したいならワークブーツやエンジニアブーツを!!

ナイキスニーカー

カジュアルさを出すならスニーカー!

そして大人のオシャレを演出したいならローファーや革靴でしょう!

最近では、ジャストサイズに穿き、裾をロールアップしてソックスをチラ見させたカワイイスタイルが流行っていますね。

コーディネートに万能なストレートジーンズは永遠に愛される定番アイテムです。

テーパード

テーパードジーンズ

テーパードシルエットの最大の特徴は、写真のように裾に向かって細くなっていきます。

穿くことで脚のラインを綺麗に見せてくれ、脚長効果もあり、体型カバーにもなります。

テーパードジーンズ穿く場合はジャストサイズに穿きましょう。型がキレイに出ます。

そして裾をロールアップしてワンテク加えると着こなしにこなれ感が出てオシャレ。

スニーカーローファー
足元にはスニーカーやローファーとの相性が抜群です。足首を見せる事でさらに美脚効果も期待できます。

トップスはシャツやジャケットスタイルで大人っぽくスマートなコーディネート。

もちろん夏にはTシャツ1枚でもOK。
テーパードジーンズを一本持っていると凄く使える!!まさにマストハブの一本です!

スキニー

スキニージーンズ

メンズで穿くのも当たり前になってきましたね。苦手な方もいるかと思いますが、、。

スキニージーンズはもちろんジャストサイズで穿きます。ジャストに穿くことで足が細く見え、美脚効果にも繋がります。

メリットはコーディネートがしやすいことですね。トップスはオーバーサイズでもジャストサイズでもバランスが取れますし、靴もスニーカー、革靴やブーツと何でも合わせる事ができます。

しかし逆にデメリットとしてはモロに足の型が出るので体型を選んでしまう点ですね。正直誰もが穿きこなせるアイテムではないかもしれません。

ワイド

ワイドジーンズ

男臭さを出すなら断然ワイドシルエット。
で、僕がワイドシルエットのジーンズを購入する時は定番のジーンズの型ではなく、ペインターパンツなどのワーク系なモノを選びます。

ワイドパンツを穿く場合、足元はもちろんブーツ。スニーカーだとバランスも悪いし、パンツの存在感に負けてしまう気がします。

エンジニアブーツ

ブーツで足元にもボリュームを出すことでバランスが取れるのです。

ワイドのメリットは下半身の体型カバーにもなります。逆にデメリットは着こなしを間違えると、だらしなくみてしまうかもしれません。

なのでワイドシルエットを選ぶ場合、トップスは身体に合わせてモノをチョイス。

下半身にボリュームを持って行くとバランスが良くなります。

スポンサーリンク

リジットか加工物か

リジットと加工ジーンズ

次はデザインというか色落ちしていない物を購入するか、それとも最初から色落ち(加工物)を買うかですね。

自分でジーンズを育てたいって人は、リジットを購入することをオススメします。世界で自分だけの物を作れるのがジーンズの魅力ですから。

でも色落ちなんて面倒いと思う人は、最初から加工物を買うのが手っ取り早いかと、、、。

でもブランドやモノによってジーンズの表情が全然違うので、これは本人のセンスと好みで選べば良いかと思います。

迷った時は両方買う?

悩む男性

僕FDMTLというブランドのジーンズが好きすぎて、独身時代に一目惚れして4本まとめて購入したことがあります(笑)
ちなみにこれ、

FDMTLリジットジーンズ
左:リジットスキニー
右:リジットストレート

FDMTL加工ジーンズ

左:加工スキニー
右:加工ストレート
総額10万超えました(笑)
今考えるとヤバイな(震え笑)

みなさん迷った時は、自分のお財布と相談しましょう。

最後に

アメリカ国旗とリーバイス

散々偉そうにジーンズの事を語りましたが、ほんの少しでもお役に立てたなら幸いでございます。

これから夏本番でジーンズが穿きにくい季節になりますが、僕は穿きますよ。

では、楽しいジーンズライフを( ^ω^ )

今更ですが、オアスロウのジーンズが欲しいです。

スポンサーリンク

オススメ記事

-ジーンズ, ファッション

執筆者:

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

■プロフィール

サイト管理人の「ガオ」です。
30代、元美容師で現在は会社員。

【趣味】旅と海が好きです。
自分の体験した事や、好きな事を記事にしています。

プロフィール詳細

■Instagramやってます。

いいね!フォローお待ちしております。